審美歯科esthetic

審美歯科について 

当院の審美歯科の特徴

本来の美しさとは、金属アレルギー等のリスクが少なく、セラミックなどの色彩・形態だけでなく、歯ぐきの良好な状態や機能性を兼ね備えた美しさだと当院では考えます。見た目を治すことも大切ですが、それが短期間しかもたないのであれば意味がありません。審美治療を行うことによりコンプレックスが解消され、今よりもより良い生活「ワンアップ」を目指していきます。当院では自信をもってやらせていただくため自費治療する際は保証期間を設けています。期間内であれば壊れたとしても無償で交換させて頂きます。よく説明し納得した上での治療になりますので安心して治療を受けていただければと思います。

審美治療といっても様々な種類があります。ホワイトニング、ガムピーリング、セラミック、ハイブリットセラミック、ジルコニア、ラミネートベニア、ダイレクトボンディング、インプラントなどがあります。中には聞いたことがないものがほとんどだと思います。ぜひお口の中でお困り事があれば当院にいらしてください。患者様一人一人に合わせたオーダーメイド治療をご提案させて頂きます。

保険と自費の違い

保険の歯科治療で詰め物といえば銀歯のイメージがあると思います。保険の範囲内での治療を選択される方のお話を聞くと「見た目を気にしない」「安い」などの意見がほとんどです。この意見は決して間違いではありません。
しかし私たち歯科医師は、患者様の今後の将来を考慮しお口の健康を考え、豊かで楽しい人生を送ってほしいと思っています。保険治療では補うことができないことが自費治療では可能です。それはこれからの未来に大きく影響していくこともあります。
治療を受ける際には選択肢として保険治療と自費治療の説明を聞いていただければと思います。

保険治療

  • 銀歯の下が虫歯になって
    しまう保険治療で多く使われる銀歯は耐久性が高いため、割れたり壊れたりすることが少ないです。しかし銀歯はトラブルが多く、その中でも特に多いのが虫歯によって銀歯が外れ、歯の神経を取らなければならないことです。その原因が銀歯の変形とセメントの劣化が挙げられます。
    銀歯は割れることは少ないですが金属のため変形していきます。また銀歯と歯をくっつけるためにセメントを使いますが、長く使用することでセメントが劣化します。変形やセメントの劣化により、隙間から細菌が侵入し銀歯の下が虫歯になってしまいます。虫歯が進行することで銀歯の脱離に繋がり、最悪の場合歯の神経を取らなければなりません。
    定期的にレントゲンを撮影し、銀歯の下の状態を確認することで歯を守ることができるのではないか?と思われる方がいると思います。銀歯が入った歯をレントゲン撮影すると白く映ってしまい、歯の中の状態が確認できないことが多くあり、定期健診に通われている方ですら銀歯が外れ虫歯になっていることがあります。
    保険治療を行う場合は治療部位がまた虫歯になることを前提に定期健診に来ていただき、経過を診させて頂いた方が将来的に歯の寿命を延ばすことに繋がります。
  • 治療後の痛みがある銀歯を装着する際に歯がしみて痛みが出ることがあります。それは金属の熱伝導率が原因といわれています。
    金属のため熱が伝わりやすく、冷たいものや温かいものが歯の神経を刺激することで、しみてしまい我慢ができない場合は神経を取らなくてはいけないこともあります。
  • 金属アレルギーになりやすいお口の中にある銀歯は常に唾液と混ざり合っている状態で少しずつですが、金属がイオン化し流れ出ることで体内に吸収されます。これによりお口の中が荒れてしまい、肌にも症状が現れることもあります。
    特に金属アレルギーのお持ちの方は歯科医師に伝えて適した詰め物を選択していきましょう。
  • 歯ぐきが紫色や黒色に
    変色するお口の中にある銀歯がイオン化することで歯ぐきに浸透・蓄積することで銀歯の周りの歯ぐきが紫色や黒色に着色します。
  • 見た目が大きく変わって
    しまう「銀歯を入れたことで大きく笑えなくなってしまった」「口元を隠して話すようになってしまった」など様々な意見をお聞きします。
    銀歯によって生活が変わってしまったり、歯科医師から銀歯のリスクを聞いて思い悩みながら生活するのであれば、虫歯のリスクを最大限に下げられ、写真を撮影しご自身の歯の色合いに合わせたセラミック治療をおすすめします。
    心から患者様が笑えるように私たちは努めてまいります。セラミック治療に興味がある方はお気軽に相談してください。
  • 安価で治療可能保険治療を行う際には決まった価格設定になっております。どの歯科医院にいっても金額が一律となりますので金額が気になれば治療中にぜひ聞いていただければと思います。
    歯科医院で銀歯を作製する場合、部分的な詰め物であれば2,000円、被せ物であれば約3,000円、前歯であれば5,000円になります。保険証を提示してもらい、3割負担でこれらの値段で治療が可能です。

自費治療

  • 虫歯のリスクが下がる「自費治療=値段が高い」イメージが先行しているため自費治療の良さが日本ではあまり伝わっていないと感じます。選ぶのは患者様の自由で強要するものではないので説明を聞いた上で選択して頂ければと思います。
    自費治療の中で代表的な詰め物がセラミックやジルコニアが挙げられます。これらの詰め物の特徴は「白い詰め物」というだけではありません。セラミックやジルコニアは表面が滑沢で細菌の付着を少なくすることで虫歯や歯周病の予防に繋がります。さらに経年劣化しないため、細菌が入り込む隙間を生むことなく長く使用して頂けます。歯科医師がおすすめする大きな理由としての一つがこれに当たります。
    歯科医院が好きで来院される方はあまりいらっしゃらないと思います。細菌の再感染を防ぐために定期健診でクリーニングを行い、セラミックによる予防が将来のお口の健康を守ります。
  • 審美的に優れている当院ではセラミックやジルコニアの表面に何層にも色をいれてあげることで患者様ひとりひとりに合わせたオーダーメイドの詰め物・被せ物を作製します。
    作製する際に患者様の天然の歯との色を合わせるために写真を何枚か撮影させて頂き、それを参考に色彩を決定し人の手により一つ一つ丁寧に作製します。さらに表面が滑沢により着色もつかず、色あせることなく使っていただくことが出来ます。
    自費治療は高価なイメージがあると思いますが、それ以上の価値があると私たちは感じております。銀歯ひとつで上手く笑えなくなりコンプレックスに感じてしまう方がいらっしゃいます。それを解決するのが審美的に優れるセラミック、ジルコニア治療です。
  • メタルフリー銀歯を長くお口の中に入れておくと、金属が唾液と混ざり溶けだすことでイオン化が起こります。これにより歯ぐきが紫色や黒色になってしまいます。また体内に吸収されることで金属アレルギーを発症することがあります。
    自費治療では金属を使わないためこれらを予防することが出来ます。歯ぐきが黒くなるのはタバコだけではありません。金属アレルギーの原因は体外に身に着けるアクセサリーだけではありません。自分の身の健康を守るためにもセラミック・ジルコニア治療はおすすめです。
  • 硬度が高い反面、衝撃に
    弱い?セラミックは硬度が高いのがメリットの一つではありますが、強い衝撃には弱く割れてしまうことがあります。割れづらくするためには歯を大きく削り厚みを持たせることで割れるのを防ぐことが出来ますが、それでは余計に歯を削ることになります。
    当院では皆様にセラミックをおすすめするわけではありません。患者様ひとりひとりのお口の中を診査し、どの材料が適しているか判断します。
    硬度も高く衝撃にも強いオールジルコニアを選べば割れる心配は少ないです。しかしこれだと歯の半透明な色合いを再現するのが難しいといわれています。セラミックとジルコニアのハイブリットの素材も当院では扱っています。
    ひとりひとりの色合わせをすることがオーダーメイド治療ではなく、お口に合った素材、色彩、形態を考慮し作製するのがオーダーメイド治療です。お困りなことや気になることがあればいつでもご相談にいらしてください。
  • 高額な治療今まで多くのメリットを挙げてきましたが、最大のデメリットは値段が高いだと思います。ここまで歯にお金をかけられないという患者様も多くいらっしゃいます。人それぞれ価値観は様々で、説明を聞いて納得して頂けた患者様に提供するものです。無理におすすめするものではないためご安心ください。
    セラミック、ジルコニアを作製するには保険治療と比べて手間と人が大きく関わります。健康で虫歯や歯周病のない未来にするためには自費治療は外せないもので、当院ではすべての患者様ひとりひとりに合ったオーダーメイド治療をご提案させて頂き、その中から患者様が選んで頂き治療を開始致します。自費治療以外でもすべてのことを納得して頂けるまで説明させて頂きますのでお気軽にご相談ください。

被せ物の種類

すべての歯を覆うタイプ

虫歯によって神経を取ることになってしまった歯や見た目を治したい歯は「被せ物」をする必要があります。 当院では被せ物などの種類を一つ一つ丁寧に説明し患者様に合ったものを提案させて頂きます。

自費治療

ジルコニアセラミッククラウン
素材 ジルコニアとセラミックの二層構造
メリット ・二層構造にすることで歯の半透明感を再現可能で天然の歯に限りなく近い色合いを表現できます。・金属を使用しないため金属アレルギーの心配はありません。(生体親和性が優れている)・耐久性が高く壊れづらいです。・天然の歯よりも細菌が付着しにくく虫歯になりにくいです。・着色することがありません。
デメリット 素材が固いので、咬み合う歯を傷つけることがあります
価格 ¥120,000(+税)
オールセラミッククラウン
素材 セラミック
メリット ・天然の歯に近い色合いを再現できます。・金属を使用しないため金属アレルギーの心配はありません。(生体親和性が優れている)・高い耐久・天然の歯よりも細菌が付着しにくく虫歯になりにくいです。・着色することがありません。
デメリット ・ジルコニアよりも耐久性が劣るため、壊れることがあります。・ジルコニアよりも歯を削る量が多いです。厚みをもたせることで耐久率を上げる必要があります。
価格 ¥100,000(+税)
メタルボンド
素材 セラミックと金属
メリット ・天然の歯に近い色合いを再現できます。・金属を使用することでセラミック単体のものよりも強度が優れます。・天然の歯よりも細菌が付着しにくく虫歯になりにくいです。・着色することがありません。
デメリット ・金属を内面に使用することで将来的に歯ぐきが下がってきたときに金属色が見える可能性があります。・金属アレルギーになる可能性があります。・金属が少しずつ溶け、歯ぐきが紫色に変色することがあります。
価格 ¥120,000(+税)
オールジルコニアクラウン
素材 ジルコニア(レイヤードタイプと削り出しタイプ)
メリット ・すべてジルコニアを使用するため耐久性が非常に高く壊れづらいです。・歯を削る量を最小にできます。・金属を使用しないため金属アレルギーの心配はありません。(生体親和性が優れている)・天然の歯よりも細菌が付着しにくく虫歯になりにくいです。・着色することがありません。・レイヤードタイプであれば色合いを天然の歯に近づけることができます。
デメリット ・色合いの再現がステイニング(着色を付与)になるためレイヤードタイプのみ前歯と奥歯どちらも作成可能ですがセラミックにくらべると色彩が落ちます。着色させないタイプだと3種類からの色から選んでもらうため色は合わせづらく奥歯のみ作成可能になります。・素材が硬く噛み合う歯を傷つけることがあります。
価格 ステイニング(前歯と奥歯可能):¥100,000(+税)
ステイニングなし(奥歯のみ):¥50,000(+税)

保険治療

硬質レジン前装冠
素材 プラスチックと金属
メリット ・安価で治療が可能です。
デメリット ・決まった色あいしかないため天然の歯となじみづらい・プラスチックのため着色します・金属をしようするため金属アレルギーを生じることがあります。・プラスチックの部分が壊れやすい・金属が経年的に劣化していき、虫歯になりやすいです。・金属を内面に使用することで将来的に歯ぐきが下がってきたときに金属色が見える可能性があります。・金属が少しずつ溶け、歯ぐきが紫色に変色することがあります。
価格 およそ¥6,000(+税)
FMC
素材 金属
メリット ・金属のため耐久性が高い・安価で治療が可能です
デメリット ・金属色が口の中で見えてしまうため見た目が悪いです・金属のため経年的に劣化していき、虫歯になりやすいです。・金属が少しずつ溶け、歯ぐきが紫色に変色することがあります。
価格 およそ¥4,000(+税)
CADCAM冠
素材 プラスチック
メリット ・白い被せ物が保険内で可能です。・自費と比べると安価で治療できます。
デメリット ・プラスチックのため耐久性が非常に低く厚みをもたせるために余分に歯を削る必要があります。・外れやすく、壊れやすい・プラスチックのため表面に細菌が付きやすく虫歯になるリスクが高いです。
価格 およそ¥5,000(+税)

詰め物の種類

部分的に歯を覆うタイプ

虫歯の治療を行うことで無くなった歯を部分的に補う「詰め物」の種類について説明していきます。 こちらも種類がありますので一つ一つ丁寧に説明させて頂きますのでその中から選んでいただければと思います。

自費診療

セラミックインレー
素材 セラミック
メリット ・天然の歯に近い限りなく色合いを再現できます。・金属を使用しないため金属アレルギーの心配はありません。(生体親和性が優れている)・高い耐久高い・天然の歯よりも細菌が付着しにくく虫歯になりにくいです。・着色することがありません。
デメリット ・壊れることがあります。・硬い材料のため噛み合う歯を傷つけることがあります。
価格 ¥50,000(+税)
ハイブリットセラミックインレー
素材 プラスチックとセラミックのハイブリット
メリット ・天然の歯に近い色合いを再現できます。・金属を使用しないため金属アレルギーの心配はありません。(生体親和性が優れている)・汚れがつきづらいです。・セラミックよりも安価に治療ができます
デメリット ・セラミックと比べるとプラスチックを含むため耐久性が低く割れやすいです。・プラスチックを含むため経年的に着色します
価格 ¥20,000(+税)

保険治療

メタルインレー
素材 金属
メリット ・金属のため耐久性が高いです。・安価で治療が可能です。
デメリット ・金属のため経年的に劣化し、虫歯になりやすいです。・金属色が口の中で見えてしまうため見た目が悪いです。
価格 およそ¥3,000(+税)

治療法

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングとは、従来では治すのに困難だった前歯の隙間や詰め物を白くするケースを高性能のレジンを使用することで修復することができる治療法です。こちらは保険外のレジン(セラミックとレジンのハイブリットタイプ)を使用することで、光沢感が非常に優れ、天然の歯に限りなく近い色合いを再現できます。この治療法の最大のメリットは「削らない」治療です。見た目を美しくするだけでなく歯にも優しい、そして自費治療の中でも安価でその日に終えることが出来るため患者様の満足度が非常に高い治療法です。隙っ歯が気になる、銀歯を白くしたいなどのご相談があればお気軽に当院にいらして頂ければと思います。

メリット ・「削らない」治療なので歯にとても優しいです。・見た目を改善でき、抱えていたコンプレックスを解消できます。・即日治療が可能です。・従来のセラミック治療より安価で治療できます。
デメリット ・着色することがあります。・咬み合わせなどにより外れることがあります。
価格 1部位:¥20,000(+税)〜
隙っ歯を埋める:¥40,000(+税)〜

ラミネートべニア

ラミネートべニアとは歯の表面を一層だけ削り、そこにセラミックを一層コーティングする治療法です。変色してしまっている歯をキレイにしたい、隙っ歯などの歯の形を変えたいなど様々な要望に応えられます。ダイレクトボンディングとの違いは、歯を削る量と素材の性質です。歯を削る量はダイレクトボンディングのほうは削ることはないので歯に優しいですが、接着力としてはラミネートべニアのほうが優れています。素材はダイレクトボンディングはハイブリットセラミック、ラミネートべニアはオールセラミックのため、ダイレクトボンディングのほうは着色してしまう可能性がありますがラミネートべニアは着色しません。ダイレクトボンディングとラミネートべニアはそれぞれメリット、デメリットがあります。一度相談しに当院にいらしてもらい、患者様に合った治療を提案させて頂ければと思います。

メリット ・歯を削る量がわずかです・見た目が改善でき抱えていたコンプレックスが解消されます・被せ物に比べると安価で治療可能です。
デメリット ・強度が必要になるため少量ですが削ります・歯ぎしりや食いしばりが強い方は外れたり壊れたりする可能性があります。
価格 ¥80,000(+税)

審美歯科の症例

ダイレクトボンディングの症例

Case.1

健康な歯を削らずに隙間を改善したいとの要望だったのでダイレクトボンディングという治療法を行いました。ダイレクトボンディングの最大のメリットは「歯を削らない」ことなので患者様も気軽に行え、さらにキレイに修復できるため満足度が大変高い治療になります。

Before

After

主訴隙間に物がよく詰まる
治療期間1日
治療費20,000円
治療のリスク着色することがある、欠けることがある

Case.2

前歯の隙っ歯が気になるとのことで来院されました。前歯の先が少し白くなっているのはそこまで気になってはないそう。隙間を埋める治療は矯正かセラミック治療かダイレクトボンディングの3つの選択肢があり、まだ20代なこともあり高価な治療は難しいとのことだったので、安価で、歯は削らずにキレイに治せるダイレクトボンディングを選択されました。
患者様もキレイになって大変喜んで頂き、美意識が高まったのか今度はホワイトニングに挑戦するとのことだったので次回のアポイントを入れて頂きました。

Before

After

主訴隙っ歯が気になる
治療期間1日
治療費40,000円
治療のリスク着色することがある、欠けることがある

Case.3

前歯が欠けたとのことで来院されました。前歯の先が朝起きたら少し欠けていたそうでそこを治してほしいとのことでした。その際に隙っ歯の話をさせて頂き、実はコンプレックスになっているとのこと。
安価で歯を削らずに治療できるダイレクトボンディングの説明をさせて頂いたところその日に「ぜひやりたい!」といって頂けました。欠けている所と隙っ歯を治すだけで歯並びが良くなりました。「ダイレクトボンディングの存在をもっと早く知ってたらやったのに!」とも言って頂けました。

Before

After

主訴前歯が欠けた
治療期間1日
治療費40,000円
治療のリスク着色することがある、欠けることがある

Case.4

全体的に治してほしいとのことで来院しました。全体的に治療が終わり、最後に前歯をどうするか迷われていて、矯正は希望されず、セラミック治療は歯を削るのに抵抗があるとのことだったので、歯と歯の離開がかなり大きい症例ではありましたが、噛み合わせを考慮しながらダイレクトボンディング治療を行うことに決まりました。前歯の2本は少し大きく感じる可能性のお話はさせて頂きましたが、患者様は気にされず隙っ歯が治ったことを喜んでおられました。

Before

After

主訴全体的に治したい
治療期間1日
治療費40,000円
治療のリスク着色することがある、欠けることがある

Case.5

全体的に治したいとのことで来院されました。上の前歯の着色と下の隙っ歯も合わせて治療出来ないかとご相談も受けたので、年齢を考慮にダイレクトボンディングを提案させて頂きました。前歯も着色もキレイになり、隙っ歯も違和感なく埋めることができました。即日治療のため非常に満足されていて、前歯をキレイにすると他も気になってきたとおっしゃっていて美意識が高まった様子でした。

Before

After

主訴全体的に治したい
治療期間1日
治療費40,000円
治療のリスク着色することがある、欠けることがある

セラミックの症例

Case.1

昔に保険治療で治した被せ物を新しいものに変えたいとのことで来院されました。被せ物の種類を説明し、これを機にキレイなものにしたいとのことでオールセラミックでの治療になりました。
オールセラミックは細菌が付着しづらく見た目も写真を撮影しオーダーメイドで作製するため審美的に優れたものになります。

Before

After

主訴前歯を治したい
治療期間2週間(2日来院)
治療費200,000円
治療のリスク欠けることがある

Case.2

以前治療した前歯が気になるとのことで来院されました。どんどん着色してきて日に日に気になってきたとのことだったので治療相談の結果、前歯の4本を、着色をせず強度や色彩も優れたジルコニアセラミックで改善することにしました。
本来は2回の治療で終えれますが、天然の歯との正確な色合せのために2回に分けて色の調整をしました。そのため違和感がまったくない被せ物が完成したと思います。

Before

After

主訴前歯が気になる
治療期間3週間(3日来院)
治療費480,000円
治療のリスク欠けることがある

Case.3

全体的に治したいとのことで来院されました。お口を拝見するとほとんどの歯に銀歯が使用されており、銀歯を着けたのがかなり昔で銀歯の下が虫歯になっている状態でした。右上の親知らずを除いた奥歯2本が大きな虫歯ではありましたが、幸い痛みもなく早急に虫歯を除去することで歯の神経を守ることが出来ました。
次虫歯になったときは神経を取らなければいけないことを説明したところ将来を考慮し、細菌が付着しづらく審美的にも優れ予後も良いセラミックインレーで治療することになりました。セラミックは見た目が良いことで有名ではありますが、セラミックの表面がつるつるしており細菌が付着せず虫歯のリスクを下げることが出来るため、おすすめの治療法です。

Before

After

主訴全体的に治したい
治療期間8日(2回の来院)
治療費セラミックインレー2本、
50,000円×2本=100,000円
治療のリスク欠けることがある

ジルコニアの症例

Case.1

久しぶりで全体的に治したいとのことで来院されました。最後に歯医者さんに行ったのが5年以上前で多くの虫歯が見られました。左上の前から5番目と6番目に大きな虫歯があり、神経を取らなくてはいけない状態で治療後に被せ物の種類を説明したところ「長持ちするもので!」とのことだったので、オールジルコニアクラウンを選択しました。理由としてこの患者様は歯ぎしりが強いため審美性だけでなく耐久性の高い素材が適していると判断しました。色や形態は色合わせの写真を撮影し、形態も噛み合わせや歯並びを考慮し作製しました。「患者様も歯が白くなると自信持てるね!」とおっしゃっていて満足されていました。

Before

After

主訴全体的に治したい
治療期間10日(2回の来院)
治療費200,000円
治療のリスク天然の歯よりも少し硬く、噛み合う歯に負担がかかることがある
所在地 〒142-0053
東京都品川区中延3丁目1-4
アクセス 東急電鉄池上線 荏原中延駅 徒歩1分
Tel 03-6426-8188


診療時間
9:30~13:30
15:00~20:30

※▲14:30~18:00(土・日)
※※休診日:火・祝